はい、かえで接骨院石山院栗山です!!

今回も腰痛に関する筋肉シリーズ!!!

では行ってみましょうー!!

ふくらはぎ

腰痛と関係あるの??

と思われる方も多いかもしれませんが意外とふくらはぎからくる腰痛、、、多いんです!!

なぜかも説明していきます!

ふくらはぎは主に二つの筋肉が合体してふくらはぎと呼びます。

腓腹筋とヒラメ筋です。

これらの筋肉はつま先立ちをするときに使われます。

筋肉のつながり

身体には筋肉のつながりというものがあって浅後線(Superficial Back Line SBL)というものがあります。

ここにふくらはぎが含まれているのですが上に行くにつれて腰の筋肉にまでつながっているのがお判りでしょうか?

腰痛になりやすい人はふくらはぎが硬い!!

ではふくらはぎを柔らかくしていきましょう!!

ふくらはぎのセルフケア

ふくらはぎをよく見てみると真ん中から二つに分かれているのが分かります。

ふくらはぎはここから緩めていくと効率よく緩んでいきます。

体育すわりの体制になります。

そこから両方の掌を上にした状態でふくらはぎを包むようにつかみます。

両手の親指以外の四本の指でふくらはぎの真ん中を差し込むように押していきます。

膝の裏からアキレス腱近くまで押していきましょう。

これを左右しっかりと行って終わりです。

ふくらはぎは第二の心臓といわれているくらいとても重要な筋肉です。

ふくらはぎが柔らかいのは健康の証!!

是非やってみてください。

本日もブログをご覧いただきありがとうございました。

PAGE TOP