今回は腰痛で生活に負担がかかっている人に向けての記事になります。

急に痛みが出る腰痛の方や、慢性的に腰痛が出てしまっている方は是非参考にしてみてください!

こんな方に読んでもらいたいです

はじめに

この記事はいわゆるこれをやっていれば腰痛がよくなるという【やり方や、解決法】を説明するものではなく、腰痛に対してどういう目線で見ているかを変えていく、『腰痛の見方』を変えるために書いています。

これはなぜかというと、そもそも腰痛を患う人の思う見方で、いくら『これをやれば腰痛がよくなる!!』『腰痛の改善の仕方!!』などの方法論を伝えたところで大元の解決には至らないということです。

一番大事な意識がどこかに運動や治療に行っている方で【そこに行っているだけで大丈夫】という考えを捨てるという意識が大事になってきます。

実際に自分も参加しながら身体に向き合うことが出来る人がしっかりと体の成果が出てくる方が多いように思います。

ですので自分自身の身体を大事にすることが出来ること

ここを意識できるだけでも日常生活の体の調子も変わってきます!

体の大原則を改善しましょう!

ひとのからだ8

皆さんが考える身体がいい状態とは何でしょうか??

体には血液、リンパ液、髄液というものが体に流れています。

これらの循環が不十分だと体の不調が出てきます。

結論から話すと【身体の体液が上手く循環する】ことが体での痛みや回復がどんどん良くなっていきます。

例えば朝起き掛けで腰痛がある方がいたらこの人はまず筋肉の硬さが出てきていることが多いです。

なぜ筋肉が硬くなっているのか??

ここで循環がいい状態であることが腰痛の改善策になります。

手っ取り早く血液の循環を良くしましょう。

やり方は何でもいいです。

お風呂、ホッカイロ、腹巻、冷えるもの食べない、根菜食べるなどなど、、、、。

さらに上の行動を皆さんがいかに実践して継続できるかが大事です。

自分自身の問題だと考え行動します。

治療の時間は一日の中の数十分です。

この時間で全てが解決できますか?

いい方向に向かわせるのはいつだって自分です。

この意識を常に持つようにしてみてください。

リンパの流れを良くする

リンパはどのようなことで循環が悪くなってしまうかと言うと、脂質の大量摂取、血液の循環不足などが大きく上げられます。

ここで大事なのが【免疫】になります。

リンパは免疫機能に最も関係するところで、ここが悪くなってしまうと病気や風邪などが起こり免疫機能が低くなってしまいます。

ですので体の免疫が低下している状態では腰痛やほかの痛みなどは取れることがないのです。

体の治る働きが遅くなっているということですから。

食事、運動、精神衛生などが大いに影響を及ぼしているのです。

髄液の流れを良くする

髄液と言われると良く分からないと思いますが、簡単に言えば脳みそ、背骨の周りを流れている血液みたいなものです。

髄液の循環が悪くなってしまうのは背骨の歪みやずれが関与しています。

正常な背骨の状態で髄液が調子よく循環しますが、曲がっていたりするとそこの循環が上手くいかず髄液が滞ってしまうのです。

循環が悪くなってしまうと不定愁訴、慢性痛、気圧の変化で出る症状が主に出てきます。

3つの液をしっかり回す【まとめ】

血液、リンパ液、髄液の循環がいい状態でいることが体の不調が最も出てきにくい、老化や痛みを抑えいい状態に向かわせる方法になります。

筋肉が、骨がストレッチが、、という前にまずは基本的なところで体を変えていくことが大事ということです。

加えて、前述したように自分でセルフケアを継続したり自発的に身体への投資が出来るともっと健康でいられますので少しずつ、確実にやってみてくださいね!

本日もブログをご覧頂き
本当にありがとうございました!!

当院のHP、LINE予約、各種SNSは
こちらをタップ!!↓↓↓↓

かえで接骨院、整体院 石山院 院長栗山雅行

〒950-0823

新潟県新潟市東区東中島2-4-1

キューピット石山店敷地内 駐車場50台以上完備!!

東新潟駅から徒歩3分!!

TEL 070-8598-2592

栗山 雅行

寄り添うを大事に施術しています

院長

新潟県三条市出身

小さいころからサッカーをやっていたが、小、中、高校生の最後の試合は三回ともけがで出場できず、その悔しさから柔道整復師の仕事をに就きたいと志す。

現在はかえで接骨院石山院の院長として地域の方に貢献できるよう施術活動を行っている。

外部活動では介護施設の機能訓練指導やスポーツの現場でのトレーナー活動、大会救護など
県内外幅広く活動している。

3児のパパ
趣味 読書、ダーツ、筋トレ

Profile Picture
PAGE TOP