最悪死に至る!真冬の熱中症に要注意!!

寒い時期になると色々と暖房器具を使いますよね!

ストーブ、エアコン、こたつ、、、。

ホットカーペットを使う方も多いと思います。

今回はそのホットカーペットで熱中症になる話をしていきたいと思います。

特に乳幼児をお持ちの親御さんは注意が必要なので一つ一つ書いてみたいと思います!

ホットカーペットで真冬の熱中症が起こる

電気代の節約を目的にして近年ではホットカーペットが特に人気があるようです。

確かにホットカーペットの上でごろごろしていると気持ちいいもんですね!!

体を温める暖房器具として他の熱源と併用している人も多いと思います。

しかし、そのホットカーペットも正しい利用を心がけないと思わぬトラブルの原因になります。

特に乳幼児がいる家庭では要注意で、ホットカーペットの上で寝かせた結果乳幼児が脱水症並びに熱中症になり最悪死亡する事例が報告されています。

布団越しの使用も要注意!!

ホットカーペットによる低温火傷のリスクが比較的有名です。

低温火傷を避けるためにホットカーペットの上に布団を敷きその上に乳幼児を寝かせて安心している親御さんは多いでしょう。

しかし乳幼児はまだ汗腺が十分に発達していないため体温の調節が大人ほど上手ではありません。

自力の寝返りも不十分です。

風邪をひかないように冬場は厚着をさせられているケースがほとんどなので、その上に掛け布団を併用して寝かせれば乳幼児の体温は危険な領域まで上昇していきます。

ホットカーペットの上ではいかなる場合も寝させない

ホットカーペットを製造している大手は全社とも就寝用としての使用を禁じています。

禁止理由が低温火傷だと思い、体との接触面を工夫すれば大丈夫だと勝手に判断している親御さんが多いようですが、乳幼児に関しては熱中症のリスクがあります。

温度調節を低温にしても変わりません。

知らないうちに乳幼児が深刻な熱中症になってしまうリスクが常にあるので真冬のホットカーペットは特に注意してください。

とは言えこれから寒い時期に突入です風邪などひかないように気をつけて冬を乗り切りれるように工夫していきましょう。

本日もブログをご覧いただきありがとうございました!!

PAGE TOP