新潟市東区にあるかえで接骨院、整体院石山院院長栗山雅行です!!

本日もブログをご覧いただきありがとうございます!

このブログは身体の痛みに困っている、スポーツがもっとうまくなりたい、ずっと健康でいたいなど身体について様々なメリットがある情報を掲載するブログです。

興味がある方はフォローしてみてくださいね!!

かえで接骨院、整体院石山院のHPはこちらをクリック!!!

↓↓↓↓↓↓

LINE @の登録で院の予約や身体の悩み相談が無料で出来ます!

ブログ記事、YouTube配信などお得な情報もチェック!!!

LINE @追加リンク タップ、クリックしてください!

↓↓↓↓↓↓

水のお話第二弾です!!

1回目のお話はこちらから↓↓↓
水道水について考えてみる その①

それでは第二弾やっていきましょう!!!

水道水を沸騰させれば良いと言うのは大きな誤解

最初から言いますと水道水を沸騰させれば良いと言うのは大間違い!!

水道水を沸騰させただけで消毒ができません。なぜー???

誤解しがちな水道水のカルキ(塩素)抜きの方法

水道水を沸騰させてカルキ抜きをすることがあると思うが、すぐに火を止めていけないと言うのはご存知ですか?

水道水を煮沸消毒するには沸騰して15分~20分ほど沸騰させ続けなければなりません。

そうしなければ水道水に含まれる【トリハロメタン】という発がん性物質を除去することができないので誤解しないようにしましょう。

沸騰してからすぐに火を止めてしまうと水道水に含まれるトリハロメタンが2~3倍になってしまいます。

2~3倍って恐ろしいですよね、、、。

ということは発がんするリスクも当然大きくなるのは当たり前で、健康被害が大きくなりそうですね(^^;)

せっかく塩素(カルキ)抜きをしたのにトリハロメタン(発がん性物質)が増えてしまっては意味がありません!!

水道水を沸騰させ続ければいいのでしょうか?

水道水を沸騰させても安全と言うわけではありません。

塩素は沸騰させることで除去できますが、その他の化学物質は完全に除去することができません。

また塩素が除去されたことによって雑菌が繁殖しやすい状態になってしまいますし、沸騰させた水道水は長時間保存することができません。

毎回水道水を15分~20分も沸騰させ続け、その水は長時間保存出来ないのですぐに飲まなければならない。

これはかなり面倒な作業だと思います。

現実的に考えて実践するのは難しいので、水道水を沸騰させても安全ではないと言う認識にしたほうがいいと思います。

また、注意して欲しいのが水道水を沸騰させてお茶を沸かしているケースです。

先程の説明の通りこの場合、雑菌が繁殖しやすい状態であり、トリハロメタンが増えてしまう可能性があると言うことを理解しておきましょう。

ちなみに健康、ダイエットにはお茶よりも水の方が効果的です。

水健康、ダイエットを正しく実践するには飲み水の質が重要である

大前提で純粋で綺麗な水を飲む必要があるのですが、水道水やミネラルウォーターでも大丈夫なのか?というのがよくある質問であります。

水道水が水ダイエットに適していないのはこれまでの説明でお分かりと思うが、実はミネラルウォーターも水健康、ダイエットには適していないのをご存知でしたか?

その理由について簡単に説明します。

ミネラルウォーターがなぜだめなのか

1、ミネラルウォーターと水道水の違いを考える

ミネラルウォーターと水道水の大きな違いは水質基準です。

水道水の検査項目は50項目ですが、ミネラルウォーターの検査項目は18項目しかありません。

つまり水道水よりもミネラルウォーター方が水質基準が低いのです。

またミネラルウォーターには大量の防腐剤(発がん性物質)が入っているので注意が必要です。

水は3日で腐ると言われていますが、コンビニや自動販売機には長期間ミネラルウォーターが置いてありますよね。

それは大量の防腐剤を入れて水が腐らないようにしているからなのです。

ミネラルウォーターは水道水よりも水質基準が低く防腐剤が大量に入っているので水健康、ダイエットには適していない。

2、ミネラルウォーター?水道水?どっちがいいのか

水健康、ダイエット実践するにはミネラルウォーターが水道水どちらが良いのか?

結論から言うとどちらも水ダイエットには適していません。

どちらにしても塩素や化学物質が多く含まれているので健康を損なう可能性があります。

じゃあどうすればいいのか、、、、。

次回に続く、、、、、次は水で健康になるためのポイントをお伝えします!!

水道水について考えてみる その③
PAGE TOP