本日もブログをご覧いただきありがとうございます!

梅雨になるとどうしても起こるのが急な腰の痛み、いわゆるぎっくり腰です。

ぎっくり腰は魔女の一撃ともいわれ、起こると激しい腰の痛みを伴います。

今回は一見関係なさそうですが梅雨と腰痛の関わりについてお話していきます。

『仕事場で腰やっちゃった!』

『子供抱えてたら急に痛くなった。』

『最初は少し痛かったが、徐々に痛くなってきた。』

こんな感じで人によって症状の出方は様々。

ぎっくり腰はふとしたときに起こるものも多い。

くしゃみ

歯磨き中

顔を洗った時

立ち上がった時

生活動作でいつでもする動きですよね??

こんなことで起こるには訳があって、ぎっくり腰は負担の蓄積で出てきます。

ということは普段の生活を気にしていかないと痛みがいつ出てきてもおかしくないということです。

普段の生活なんて自分で良いか悪いかなんてわからないんです。

だからこそ人に見てもらって治していく方がいいんです。

そのことをメンテナンスと言います。

うちに来させようとはしていません(笑)

自分て今身体がどんな状態なんだろうと確認するためのきっかけなのです。

身体が資本とよく言いますが、本当に悪くなった時しか実感できないので身体のことを考えて生活できればこの上ないです。

自分の体の上に生活が仕事が、趣味があります。

下の土台を崩さないようにしていきましょう。

PAGE TOP