早食い、大食いのデメリット

新潟市東区にある接骨院 かえで接骨院、整体院石山院の院長栗山雅行です!!

本日もブログをご覧いただきありがとうございます!

このブログは身体の痛みに困っている、スポーツがもっとうまくなりたい、健康でい続けたいなど身体について様々な情報を掲載するブログです。

興味がある方はフォローしてみてくださいね!!

さて今回は食事のたべ方について書きました!

見てみてください!

食事の量とペースを考えてみよう!

あなたのお食事の時間はどのくらいですか?

またひと口食べたら何回噛みますか?

食事の時間は10分位。数回しか噛まないかなと言う方は要注意です。

今回の話を聞いていただいて生活習慣を改めていただきたいと思います。

なぜ身体に悪いのか?

早食い、大食いは色々と弊害が出てきます。

・早食いのデメリット

まず初めに内臓に相当な負担がかかります。

早食いをすると胃腸で消化、吸収し血糖値が上がり、それを脳が感知してお腹いっぱいと感じるまでにタイムラグがあります。

食べ物がいっぱい入ってきますので必要以上に胃がパンパンになり、なおかつあまり噛んでいないので胃腸の消化活動が普通よりも多く強いられます。

その結果一気に血糖が上がります。

それを避けようとして血糖値を下げる効果のあるインスリンというホルモンが一気に出てきます。

この習慣の繰り返しでインスリンを出す臓器の膵臓がヘトヘトに疲れて糖尿病の出来上がりです。

さらに必要以上のカロリーが確実に取れていますですのであっという間に太ります。

さらにさらに逆流性食道炎などの可能性も!!!

お相撲さんはどか食いと言ってこういう食事をしているのですがくれぐれも早食い大食いには気をつけてください。

あなたのお食事の時間はどのくらいですか?

またひと口食べたら何回上ますか?

食事の時間は10分位で2から3回位しか噛まないと言う方は要注意です。

今回の話を聞いていただいて生活習慣を改めていただきたいと思います。

今回はこれで以上になります。

最後までブログをご覧いただき本当にありがとうございました!!

かえで接骨院、整体院石山院

栗山雅行

当院HP https://kaede-isiyama.info

〒950-0823

新潟県新潟市東区東中島2-4-1

TEL070-8598-2592

PAGE TOP