新潟市東区にある接骨院 かえで接骨院、整体院石山院の院長栗山雅行です!!

本日もブログをご覧いただきありがとうございます!

このブログは身体の痛みに困っている、スポーツがもっとうまくなりたい、健康でい続けたいなど身体について様々な情報を掲載するブログです。

興味がある方はフォローしてみてくださいね!!

甘いものの秘密

いやーこれ食べちゃうと太っちゃうしなぁーでも食べたいなぁー

明日からダイエットしよう!!

なんて事はありませんか?

現代人は甘いものを取りすぎている話をご存知でしょうか。

昭和30年代と今を比較すると昔は炭水化物のほとんどを穀物や今から摂取していましたが、今では甘い味を作るために食品加工業者は弁当や惣菜パンに科学調味料や砂糖を大量に使っています。

あなたはよくコンビニ弁当食べますか?

コンビニは砂糖だらけです!

つまり甘いものはお菓子以外にもソフトドリンク、コンビニ弁当、ファーストフードの味付けとして活用されており我々の体の健康を蝕んでいくのであります。

ここで言う甘いものとは白砂糖のことを指しており他にも三温糖、グラニュー糖、ザラメ、角砂糖、和三盆、黒砂糖です。

黒砂糖は白砂糖や他の砂糖よりも多少マシと言う位で食物繊維を含んでいないため、血糖値を混乱させる点では同じですね。

砂糖は血液を酸化させて赤血球や細胞を崩壊させます。

ということはつまりウィルスや細菌に感染しやすく病気になりやすい身体を作っていくのです。

咳も糖分の過剰摂取により免疫力の低下を示唆しています。

アトピーなどのアレルギーはもちろん、かゆみ、冷え性、頭痛、肩こり、貧血、便秘、虫歯、胃潰瘍、糖尿病、心臓機能低下、子宮異常、静脈瘤等の恐ろしい難病と言われるようなもののほとんどが砂糖病です。

また精神的にも我慢ができずイライラしキレやすい、不眠やうつ病なども基本的には砂糖の害といえます。

接骨院的に言えることは

炎症を助長させるものは砂糖が原因です。

原因がわからずに部分的に腫れるのは日頃からの砂糖の過剰摂取というのが関係しており、慢性的に膵臓と副腎を痛みつけていると関節の腫れを生じさせます。

そして砂糖の過剰摂取は急激な血糖値の上昇を招く反面、急激な低血糖を招き低血糖の危険性は労働意欲、学習意欲も奪い無気力にさせて倦怠感と極度の疲労感を生じさせます。

アメリカで行われた研究では犯罪者や非行少年の80%以上が低血糖症でした。

まさに犯罪の影に低血糖症ありと言うことであり、また精神病患者の67%に低血糖症が関係していると報告があります。

このように砂糖には【百害あって一理はその瞬間】と表現しても過言ではありませんのでせめてお菓子の食べ過ぎは控えてもらい特にこれからはお子さんがいる家庭ではお子さんにお菓子を与えすぎはより良い心身づくりのためにも禁物です。

これからのお菓子はなるべく与えないように努めましょう。

いかがでしたでしょうか?

ついつい甘い誘惑にとらわれやすくなってしまいますが知っておくだけでも損はないでしょう。

今回は以上になります。

最後までブログをご覧いただき本当にありがとうございました!!

かえで接骨院、整体院石山院

栗山雅行

当院HP https://kaede-isiyama.info

〒950-0823

新潟県新潟市東区東中島2-4-1

TEL070-8598-2592

PAGE TOP