かえで接骨院石山院 栗山です!

皆様明けましておめでとうございます!

本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

今回は何か身体のことについてではないのですが、休み中にふと思ったことを書いていきます。

休みを取ることの意味とは

私が31日まで接骨院で施術をしていたわけなのですが、院を閉めて奥さんの実家へ行き、年を越しました。

次の日はゆっくりと過ごしていたのですがそこで思いました。

私は仕事が好きだ

よく患者さんに「先生働きすぎじゃないですか?」「仕事が嫌にならないんですか?」と聞かれることがあります。

私はいつも仕事のことを考えています。

仕事でも私生活でもモチベーションなんてものはありません。

そもそもモチベーションなんてものを考えること自体が気分に影響してしまうのです。

そして仕事が好きなだけでは正直な話続けることは出来ません。

なぜなのかをずっと考えていました。

考えに考えた結果

私には生涯かけて果たしたい使命がある

これがあるからだと思いました。

私が仕事を通してやり遂げるミッションが常に仕事としての向上心を生んでいると感じました。

これは私だけでなく全ての人に当てはまることで

「これからの人生対して何をすべきかを設定すればいいのです。」

・家族を幸せにしたい

・お金を稼ぎたい

・人に何か施したい

何でもいいのです。

それが仕事や私生活のやる気になるのだろうと思います。

それを出来るようになるためにはさらにやらないといけないことがあって、一番大事なことなのですが

自分を大事にする

何事もまずは自分が健全な状態でないと行動を起こすことは出来ません。

私に運動しましょうね!!!といわれた方もいると思いますが、身体の調子がよくなったら

ちょっと運動してみようかなという気になりますよね!!

少なくとも体調がいい時の方が悪い時よりもなると思います。

・自分を大切にする

・これから人生で何をすべきかを設定

これだけで日々の充実感が変わってきます。

やることがわかってきたらあとは進んでいくのみです。

コツコツとですね。

2020年も地道に積み重ねていきたいと思います。

PAGE TOP